酵素は手作りできる!

酵素は手作りできる!

酵素サプリもいいけれど、自分で手作りできたらいいなって思った人、見てくださいね。
簡単に作れる酵素原液、酵素シロップを紹介しましょう。

 

 

☆酵素原液

 

リンゴやキゥイなどの果物で作れるんです。
そして「てんさい糖」。これは食物繊維が多いんだそうですね。

 

リンゴなどの果物は、小さめに切ります。小さいほど発酵が早くなるそうです。
それをビンにてんさい糖と一緒にいれるだけ。
自然発酵させます。
酵素粉末とか、原液などを入れると言う方法もあるそうですが、何も加えなくても発酵できます。

 

常温で2日くらい(冬期)で発酵がはじまり、毎日1回かきまぜながら、1週間くらいおいておきます。
その後、裏ごししてエキスだけを取り出します。
酵素原液の出来上がり。

 

簡単なんですが、毎日手入れしないといけないということ、やっぱり、面倒!!って思っちゃう人もいるかもしれせんね。

 

できたエキスは冷蔵庫で保存して1カ月くらいで飲み切るのがいいですね。
ジュースやヨーグルトなどに混ぜて食べるとおいしいんです。

 

 

 

☆酵素シロップ

 

酵素原液と何が違うのかなあって思いますが、こちらはシロップ。砂糖漬けみたいなものですね。

 

果物や野菜、旬のものを選ぶとおいしく体にもよさそうですね。

 

野菜や果物1キロに対して砂糖が1.1キロ。
これをビンにいれます。(野菜や果物は適当な大きさに切ってください)

 

野菜や果物と砂糖を交互に入れるようにするとちゃんとつかります。

 

時間がたつとともに、シロップみたいに液がでてきますよ。
そして、下に砂糖がたまってしまうので、1日1〜2回くらい手でかき混ぜると良いそうです。

 

1週間くらいでシロップができます。
これを水や炭酸水で割るとおいしい酵素ジュースの出来上がり。

 

残った果物や野菜は捨てずに、ヨーグルトと一緒に食べても良し、または、ガーゼに包んでお風呂にいれると酵素風呂になっちゃうんです。

 

お肌によし、体によし、いうことないですね。

 

 

 

どっちかというとシロップのほうが、手軽に作れそうな気がしたのですが・・
どちらも似てるかしら?

 

まあ、それでも、どれもこれも面倒!!っていう人は、酵素ドリンクや酵素サプリが多く販売されてますから、そういったものを利用して健康管理するのも良いでしょうね。