酵素って一体何だ!?酵素のウソホント

★酵素って一体何なの?★

 

今、酵素について語られること多くなってきましたね。
でも実のところ酵素って何なのか。
よくわかっていない方多いのではないでしょうか?
せっかく興味を持ったのなら酵素って一体どんなものなのか調べてみることにしましょう。

 

 

 

 

★酵素には潜在酵素と食物酵素がある★

 

潜在酵素とは人間が生まれ持った酵素とそれを作る力のことを言います。
潜在酵素は無尽蔵にあったり作られたりするわけでなく個人差があり、1人1人遺伝子によって作られる限界があるということが分かってきました。

 

 

潜在酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

 

消化酵素はその名の通り消化を助けてくれる酵素で唾液や胃液などの消化液に含まれていて私たちの日常生活で認識しやすい酵素であるといえますね。
この消化酵素のおかげで食べたものを分解し吸収しやすい形に変えてくれます。

 

 

代謝酵素は新陳代謝や解毒、排せつ、自然治癒力、免疫力を高めるためなどに使われる酵素です。
これが若さを保つために酵素が必要だといわれるゆえんなのです。

 

そして食物酵素はその名の通り食物に含まれている酵素で加熱されていない食物や発酵食品に多く含まれているとされています。

 

 

 

 

★足りなくなった酵素は補えない?★

 

年齢による酵素の低下は仕方がないことです。
だから足らなくなった酵素を食物酵素で補えばいい、というのは実はウソなんです。

 

失われた酵素の補充は出来ません。
ですから大事なのは消化により必要以上の酵素を使ってしまわないことです。
そのために食物やサプリメントで酵素を補い消化酵素をなるだけ使わず消化できる状態へと導くのです。
そして温存された酵素は代謝酵素へ使われます。
この効果で健康をゲットできるのです。